2012年9月15日土曜日

Acid 2011


 人が知る事ができる範囲は有限的で限られています。
人が、感覚的に感じ取れる世界観については無限性を持つものです。
その無限に見える新しい世界とは、夜明前の空から薄っすらと朝日を見せる寸前の水平線の空のように目の前に存在する世界。
 ただ、常に考えている事は、この大きな世界と自分の比較についてです。
今まで考えた事がないから。そして、これからも答えは見つからない。
無邪気に砂遊びをする子供のように自然界の法則を体で感じ取り、一つの音として表現する。
 このアルバムには、子供の砂遊びと同じ無限性を表現してみました。