2012年12月22日土曜日

StudioLogic Sledge

 StudioLogic




 StudioLogicからリリースされたアナログモデリングシンセサイザー。
私には、この黄色い特徴のあるシンセの出現に不意を突かれた気持ちになりました。なぜなら、音源部があの有名なWaldorfの技術を移植しているというからです。
 さすがにWaldorf blofeld Keyboardと同じ音がするというわけではないですが、こちらの方がアナログシンセの質感に近づけているように感じました。

 私がこのSledgeに注目した理由としては、やはりその見た通りの操作のしやすさです。この点はWaldorf blofeldに無い特徴です。
 もし、moogなどのアナログシンセをあつかうのに慣れている人であれば説明書無しでこのシンセを取り扱うことが出来ると思います。それぐらいフロントパネルのデザインに無駄がないです。

 ところで、私がこのシンセに注目する理由はもうひとつあります。
それは「ACCESS TI2」や「NORD LEAD」などで代表されるようにデジタルでアナログシンセにどこまで近づけるのかを追及することよりも、アナログモデリングとして割り切った考え方で音源部を追及したシンセの音が私は好きなのですが、このSledgeもその考え方で作られているように思えるからです。

 メーカーの説明では内臓のエフェクトにはコーラス、フェイザー、フランジャー、リバーブ、ディレイ、があり音づくりに広がりを作れそうです。そして、オシレーターは充実の3つ。フィルターにはFMがついていてResonanceを上げたときの音色加工が楽しめそうです。



 実際に触ってみました♪




 サイズは・・・  97cm×40,5cm×11cm
 重量・・・・・・・ 8.3Kg







価格:117,799円
(2013/8/11 01:32時点)