2013年5月3日金曜日

Monophonic feat.Synapse 「報告」


思いつきと、勢いでスタートしたイベントが無事に終了しました。
ご来場の皆様ありがとうございました。

イベント宣伝ブログリンク


【 とある某日 】
 Twitterのタイムラインを見ていたら、関西に集まってライブイベントをして見たいとの声が・・・
 その時はちょうど、いつか自分でイベントを主催してみたいとの考えもあり、少し考えてみることに。

 そういえば、新しい機材の購入のため貯金をしていた。
 購入時期がずれてしまうけれど、まあいいでしょう。
 新しいアルバムの制作用にと思っていたけれど、昨年は曲を作りすぎたこともあるので、自制してイベントに集中するのも良いかもしれないと割り切って考えてみた。
 勢いで出演アーティストと日程調整したあとは、意外なほどスムーズにイベントの開催が決定。
 ・とても豪華な出演アーティスト、SERi、DJ Warp、YuukiHori、PARANOIA106、そして、途中で参加が決定したYebisu303が加わり、なかなか見ることが出来ない、濃い内容のライブイベントと変化していった。もちろん私はライブで出演。

 Synapseのサポートも加わり、準備段階から安心してイベントがスタートされました。


【イベント当日】
前日入りをしたYebisu303氏と、
行楽日和の京都を散策しながら会場へ

お昼のラーメン屋では
SERiさん、PARANOIA106さんと合流

観光地として有名な祇園
あふれる人をかき分けて会場へ

会場に到着した以降は
お互い口数少なくリハーサルの準備!?

会場にはなんと! フリーうまい棒!!

あわただしいリハーサルが終了
17:00にはイベントがスタート!



【QriTomato】
 昨年のSynapseでのDJが印象的で、今回はどのようなDJセットでオープニングのDJをしてくれるのか楽しみにしていました。

 自作の音源を各アーティストに配るなど、積極的にアピール!
 持ち味の、じわじわくるMixをオープニングに見せてくれました。
翌日のShowaTechno2013でもお会いして、さすがだなぁ



【Kick.S】
私です・・・
 4月に作った新曲を前半に持っていき、Namekuji Night 6で手応えのあったリズムパターンを後半に持ってきました。
 そして、悩みに悩んでお気に入りのメロディーを最後に持ってくるセットで挑戦。詳しくは動画を参照・・・・
 動画で聴く限りでは、楽しんでもらえたようで何よりです。



【Yebisu 303】
 3月の大阪のイベント「Namekuji Night 6」で、ハードシンセのみでライブを披露した、えべっさんことYebisu 303。
 今回のMonophonicでは、前日に私の家に泊まり一緒にライブ会場へ向かいました。万全な準備でイベントに出演!
前日に我が家で開かれたMonophonic前夜祭。
恵比寿さん、かなり盛り上がっていました(笑)

使用機材はelektron-OCTATRACKとanalog FOUR
そして、改造されたxOxbOx!
 今回のイベントで、恵比寿さんにオファーをした理由の一つは・・・お願いしなくてもハードだけでライブをしてくれるから(笑)

 それはおいといて、、、決定的なのは、制作する曲に独特な個性を持っているところです。以前に、Acidコンピで聴かせてもらった時の印象が深く、今回のライブでも同じ曲をそのまま演奏していただき、楽しませてもらいました。物腰の低さと合わせて、低域の低さが印象的です。やはりこだわりのリズムは何と言っても恵比寿さんの強みでしょう。
 翌日には東京のM3に出店という、なんともハードなGW!


【PARANOIA106】
 いつも何かとお世話になっていますPARANOIA106さん。
翌日の昭和テクノも楽しみにしていたのですが、今回のライブはどのようなセットで参加するのか興味があっただけに期待。

 アコギ、演歌、和太鼓、TR909でJeff Millsのカバー・・・等々
 はたしてライブでなにが起こるのか想像がつかないのはおなじみ♪ さらに期待大!
手元にPCが無いライブは今回が初めて。
いつもの雰囲気とは違う緊張感が伝わって来ました。
 盛り上がりを見せたPARANOIA106さんのライブ
 以前から聴いていたライブとは違い、明らかに音の質が良くなったのと、ハードだけによるライブのいいところを上手く見せつけてくれたのが印象的。
 機材だけによる仕込みが大変なのは私も同感なのですが・・・感覚的な視点からみても印象深いライブとなりました。仕込みは慣れてしまえば問題ないと思うので、来年も期待しています。



【YuukiHori】
今回、PCとコントローラーによるライブ。
 私がまだ、表舞台に出てリリースをする以前から名前を知っていたアーティストです。
 その昔、私がMinimalというジャンルを知らなかった4年ほど前に、ミニマルで検索したらヒットした日本人アーティスト。
 夜中に、パソコン画面をにらみつけて、Minimalのまねごとをしていた当時の私は、まさか一緒にイベントをするとは思ってもいなかったことです。 「縁とは不思議なものだ・・・」 そんなことを考え、物思いに浸りながらライブを堪能。

 PCの明りに照らされるポーカーフェイスな微笑みは、リズムトラックと合わせてディープ!リリースされている曲は、日本人のアーティストには無い独特なテイストを持っているのが特徴です。ライブではそのテイストから出るスパイスを感じ取りました。
そういえば、私と同じレーベル、
HOUSE STUDIO-Rに所属。
福岡での話も聞くことが出来ました。
終始イベントを楽しんでもらえたようで、
私も満足です。


【DJ Warp】
Hypnotic Room Recordings
A&Rを務めるTakashi Watanabe氏
リハーサル中のいい笑顔(笑)


 今回のライブでは、YuukiHoriさんとSERiさんのあいだをお願いしていたのですが、つなぎを見事にこなしながらのDJ Warpさんの貫禄のライブには驚きました。

レーベルTシャツが印象的。

初めて聴いたライブですが、
最初から最後まで盛り上がり、
私は音響に力を入れて良かったとしみじみ。
SERiさんとのスムーズな引き継ぎ。

 実は、私はこのMonophonicを来年も開催するかどうか迷っていたのですが、イベント後の打ち上げで、、、
 「これからのアーティストはライブをしていかないと」
との言葉に同感するTakashi Watanabeさんを見て、来年の開催を決意しました。
 Hypnotic Roomのアーティストマネージメントやプロデューサーとして、真剣に音楽と向き合っている姿に感銘を受けました。


【SERi】
 昨年、リリースしたCD「FROM PULSE 2 PULSE」では私をRemixに誘ってもらい、今回は念願の一緒にイベントでライブ。過去にリリースされた曲や、FROM PULSE 2 PULSEの曲もライブで披露。
東西アーティストの貴重な写真も撮れました!!
 ライブではイベント最後の盛り上りが良く、時間の制約がなければもう少し続けて聴きたかったのが惜しい・・・静岡から京都まで長距離のドライブ後、イベント終了して打ち上げ後に恵比寿さんを乗せて車で静岡へ・・・帰り道で、SERiさんの音楽とのかかわり方について話が出来ました。

 私の曲を気に入ってRemixに誘っていただいた理由、これからリリースするRemixのこと、新たなAcidの動き・・・

 何かが変わる予感がしました(笑)



【 HARRY a.k.a 山脇照明 

今回のイベントは、
「彼がいなければ実現できなかった」
と言っても大げさではありません。

会場と音響、
いずれにしても協力者がいなければ、
イベントを開催することは出来ないのだと。
当然のことですが。


明るすぎず、暗すぎず、
照明に対するこだわりが生み出した空間
それを見事に演出。




【Thanks monophonic




【Monophonic Digest



【雑感】

 私は過去に、色々な場面でイベントに参加をしたり、時には運営をしたりしました。そんな時に、いつも考えていることが一つあります。
 それは、イベントに成功や失敗はないけれど、1番大切にしないといけないことは「出演するアーティストがどれだけ楽しめるのか?」ということです。
 イベントの帰りに「出演して良かった」と思ってもらえればそれだけで十分だと考えています。
 今回のイベントでは、採算がとれないのは事実です。しかし、私が過去に、祭り事を運営してきた経験から出てきた思いが実現した事を考えると、イベントを主催したことには重要な意味あります。


 今の時代、音楽やアートの世界が一種の崩落的な形になっている様子が見受けられます。中には批判の声もあるでしょう。あるいは対立の構図も出来ているようです。
 しかし、私は今の音楽のありかたについてとやかく言うことはありません。
 音楽を作る人間なら言葉ではなく、曲で音楽を語る。
 私の今までの、これからの基本概念です。