2013年9月15日日曜日

KORG ELECTRIBE の真空管について。

VACUUM TUBE

 以前に紹介したサイトで気になっていたのですが、 今回ようやく真空管の交換時期が来たようなので紹介します。



 真空管選びは意外にも慎重にならないといけないようです。特にこのプリ管選びでは、左右のバランスもかかわって来ますので、購入するときはペアマッチング管を2本一組同時に購入するのをオススメします。単品で購入すれば安いのですが・・・理由はこちらの記事を参考に・・・真空管入門 part1 プリ管


 真空管の寿命は使用頻度によってちがうようですがおよそ3年~4年ほど、私が使用している2台のELECTRIBEももう交換してもいい時期では?
 買ったときから比べて、明らかにノイズが多く、歪みも汚いと感じるレベルに、、、元々ついていた真空管そのものが、それほど良いものではないのでなんとも言えませんが。

 現行で販売されているELECTRIBE SDカード対応タイプの真空管は、エレハモではなく別のメーカー(SVETLANA 12AX7)になっているようです。あと、electro-harmonix 12AX7に「GOLD」が付くか?付かないか?では大きく品質の差が出るようで、値段も違えば素材も違う?

 というわけで、3つの真空管を手に入れたこともあり、音の違いを検証したいと思います。ちなみに、12AX7とECC83は同じ規格ですのでELECTRIBEへの取り付けは可能です



【 真空管 】
今回のテストで用意した真空管は以下のとおり。


1、electro-harmonix 12AX7EH (デフォルト)

2、electro-harmonix 12AX7 GOLD

3、JJ ELECTRONIC ECC83 S
 せっかくなので信頼のelectro-harmonixとは違うものをもう一個、、、というわけで、巷で噂のJJ管を選択、ELECTRIBE MXと相性がいいとか?他にも試してみたいプリ管があったのですが、今回は私の周りで使っている人が多いのでこのJJ管を・・・



【 真空管の交換 】

ところでELECTRIBEの真空管の交換は意外と簡単

まずは2つのネジをはずす、、、

左右に揺らしながらぐいぐい引っ張る。

 はずしてしまうと、、、いかにも回したくなるようなネジを発見しますが「ここはがまん」 回すと左右のバランスが崩れてしまいます。あとは交換するだけです。ここで2本の真空管のバランスが良ければ、左右のバランスが崩れることはありません。



【 検証 】

 最初は耳で確認することになるのですが、ELECTRIBE SXにLoopサンプルを入れてそれを再生し、真空管を交換してそれぞれの音をレコーダーで録音するという手順。

サンプルとして使用するLoopはこちらの3つ
(私の個人的な好みで選択)



 つぎに、真空管のレベルの調整については以下の写真のとおりで、2パターンでそれぞれのサンプルを録音します。
「MASTER VOLUME 50% / TUBE GAIN 50%」

「MASTER VOLUME 50% / TUBE GAIN 100%」



【 結果 】

1、electro-harmonix 12AX7EH (デフォルト)

 3種類を聴き比べた印象として、このデフォルトの真空管はやはり荒削りな音で、3つの中で一番ノイズ(サー)が良く聴こえました。しかし、音楽的にこの汚い音はなんとも捨てがたいような?GOLDの方をもう少し使い続ければ似たような雰囲気になるのでしょうか?とにかく、交換したあとも捨てずに保管しておこうと決心。
 意外にも、使い込んで寿命がきた真空管には、愛着ある音が存在するようです。

「MASTER VOLUME 50% / TUBE GAIN 50%」


「MASTER VOLUME 50% / TUBE GAIN 100%」



2、electro-harmonix 12AX7 GOLD
 3つの中で一番安定しているという印象、バランスがとれていて気持ちの良いドライブ感があります。デフォルトと比べて圧倒的にノイズが減りました。あまりノイズを気にしたことは無いのですが、ここまで変わるとは思いもしなかったことです。高域から低域まで綺麗にドライブしてくれる真空管という印象。たとえるならクリーミーな歪み。これはESXに使用することで決定。

「MASTER VOLUME 50% / TUBE GAIN 50%」

 「MASTER VOLUME 50% / TUBE GAIN 100%」



3、JJ ELECTRONIC ECC83 S
 3つの真空管の中では一番おとなしく感じました。しかし、リズムやベースなどの低域のドライブ感は気に入りました。ちょうど軽くコンプがかかったように反応するので、ノリが良く、リズムの印象が大きく変化したように感じます。やはり噂どおりEMXと相性が良いように思うのでEMXへ装着することに決定。
 
「MASTER VOLUME 50% / TUBE GAIN 50%」



 「MASTER VOLUME 50% / TUBE GAIN 100%」







【 雑感 】

 とりあえず今回の真空管の交換の結論としては、
 EMXにはJJ管、
 ESXにはEH GOLDを取りつけることに。

 他にも試してみたいプリ管を見つけましたが、とりあえずはそれほど劇的に変わるものでもないように感じるので、現状維持を続けることにしようと結論。

 効果が一番わかりやすいのは、やはりオーディオ用のアンプなどの真空管を交換した時でしょうか?

 せっかくなのでマトメ動画を作成しました。