2017年4月2日日曜日

京都エレクトロジャズへ行ってきた。

 4月1日はエイプリルフールでしたが特に被害なくすごせました。そして、京都にてエレクトロジャズを満喫しましたので報告です。

 でっ、なぜ京都エレクトロジャズなのかと言いますと、偶然お会いした方がシンセを使ってジャズをするという話しを聞きまして、どんな感じなのか興味を持って見に行ってみることに。

 演奏するのは奥村斉さん。

 会場は京都のさうりるさんです。
 http://sahouril.com/

 早速京都へ。

 大阪市内からだと、最寄り駅の阪急京都線 西院駅までは地下鉄を2回乗換えで意外とすぐに行けました。京都って近い!

 ところで、シンセを使ったジャズはなんと呼べば良いのか?とりあえず適当にエレクトロジャズと呼んではいるのですが・・・。それに、ジャズを聴くのは初めてで良くわかっていない。
 まあ何でもいい、誰かが言った。

 「耳があればそれでいい」



 奥村斉さんのライブセット。



 いやぁ驚きました。
 最近のTechnoのライブと聞いて見に行っても、こういったセットを見ることは出来ないですよ。いや、そもそもTechnoを作っている方でライブをする方はどれくらおられるのか?



 話を戻して、こちらのライブセットはリズムと音源は全てKorgで、1台だけオリジナルで制作されたシンセを使用していました。ちょうど私の席の隣の方がシンセを制作された方で偶然。以前にもお会いした方で共通の話題で盛り上がりましたよ。


 セッションではウインドシンセを用意された方が。

 往年の名機YAMAHA DX7Ⅱ


 尺八とのセッションもあって充実した夜でした。

 ところで、次回もあるとのこと。
 楽しみにしております。