2017年10月15日日曜日

xOxbOxがメンテから帰ってきた



 今回のメンテの内容はこんな感じです。


 1、ノブ交換。

 2、2VCO xOxbOxの簡易ミキサーの増設。


 自分ではメンテが出来ませんので依頼しましたのはgizm0xさんです。


 ノブ交換についてはxOx-heartモードで使用された高級ノブになります。
 


 まずは赤LEDのxOxbOxですが、出音、安定性などいずれもベストな状態の個体です。私が所有しているxOxのなかでは、一番扱いやすくて思い通りの音を出してくれるわけですが、歪ませると思いもよらない倍音を作り出すのでいつも驚いています。

 最初に買ったxOxということもあり、初期の作品ではたくさん活躍しています。
 ただ、一番長く使っているというだけあってガリやガタなど使いにくさが目立っていました。
 メンテ後は良い部分を残して悪い部分だけを直していただきました。
 文章で書くのは簡単ですが、さすがだなぁっと思います。

 動画はメンテ後の試運転です。




 もう一つは緑LEDの2VCO xOxbOxです。
 こちらはもともと2VCO改造されたものなのですが、増設で簡易タイプのミキサーを取り付けてもらいました。
 あと、2VCOの特性が原因なのかアタックノイズが気になっていたのですが、今回のメンテで修正していただけました。

 ノブも高級タイプに交換です。

 こちらも試運転しました。


 2VCOの特徴を使ってうねるようなベースラインを作っています。
 途中、ミックスノブを回しウネリをコントロールしているのがわかるかと思います。

 単純に2VCOにミックスノブをつけてもらっただけなのですが、思いもよらずに新しい発見がいくつかありました。また次の機会にでも紹介します。



 ところで、こちらは同じ2VCOでもxOx-heartを内蔵したタイプのxOxbOxです。
 以前紹介しました記事の下のほう(xOxbOxの改造モードについて考える)に詳しく乗せています。


 上で紹介しました2VCOタイプのxOxbOxと比べて、こちらはOSC2にフィルターやエンベロープが付いているわけですが、根本的には2VCOと変わらないのでは?と思っていました。
 しかし何度も聴き比べてみてわかりましたが、xOx-heartのほうがきめ細かいうねりがあって音抜けが良いです。


 現在の主力はxOx-heart modですが、その次に赤色LED xOxで2VCO xOxという感じで使っています。


 あと2台メンテに出すxOxがあるのですが、当面はこの3台で制作をしようと考えています。