2018年1月27日土曜日

20180127メモ

 1月メモ



 気がつけばもう1月も終わり。
 というわけでメモを書く。



 月始めにサンプル整理をした。整理したサンプルはESXに入れて使っているけど、サンプル整理の手順はまたどこかでまとめておこうかと思う。

 で、サンプルCDのデータ整理をしていると目が疲れる。

 そんなときは蒸しタオル。
 レンジで作ってたけど結構めんどう。
 それに意外とすぐに冷える。

 そういえば電子レンジを使うアイマスクがあった。というわけで小豆のちからを入手。

 http://amzn.asia/1XnjI2D

 ふるとシャカシャカいうのでサンプリングして使うのもいいかもしれない。
 感覚としては昔ながらの子供用のおもちゃ。お手玉のようだ。
 使い古したら中身を出して竹筒にでも入れると面白い楽器が出来るかもしれない。




 サンプルネタを整理して完成したのが・・・
 X1249
 Korg 01R/Wのピアノはマイクロチューニングで手を加えている。

 Vocalのディレイ処理はDigitakt内蔵のディレイを使わずにループを使ってディレイ処理。そしてフィルターエンベロープを使ってフィードバックにHPフィルターがかかるようにしている。
 さらにLFOを使ってフィードバックにモジュレーションをかけて徐々にチューニングがずれるように設定している。


 もう少しリズムを崩した曲を作っても面白いんじゃないか?と考えているけど、リズムの破壊はいったん休憩でいまは別の制作に取りかかっている。





 アイマスクを買うついでにコンパクトエフェクター用に9V充電池を買った。
充電用の9Vって電圧がきっちり9Vじゃないからどうなのか。

 エレハモはACアダプターが昔から9.6Vになっているけど、やっぱりマンガン電池を使った方がいいかな。
 この充電電池はアンペアが280mAhでmemory boy(ディレイ)で電池の減りが早いという感じ。ディストーションは頻繁に使うけど2ヶ月たってもまだ減ってない。
 ディレイはACアダプターを使うほうがいいだろう。



 コンパクトエフェクターが増えてきたということもあり機材整理を少し。

 針金ハンガーをたくさん手に入れる機会があったので、こいつで何かを作ってみようかと思って作ってしまった。思っていた以上にいい感じに仕上がったけどハンガーって便利だなぁ。

 ちゃんとぶらさげた状態でケーブルさせるように作ってある。





 Digitaktとモニターアーム

 Digitaktを裏返すと4つの穴があるけどずっと気になっていた。これってモニターのあれだなって確信したのでモニターアームを購入。
 http://amzn.asia/fMnVycF

 届いたのは思っていた以上にでかくて重い。でも、頑丈なのでこれくらいがいいのかな。スチールラックに固定したらけっこうしっかりしていて微動だにしない。


 横から見ると歯医者に置いてあるあれみたいに見える。




 そういえば今年のNAMM Showが始まってるみたいだ。

 Korgはあのエンジニアさんがいなくなって、それでも何かアナログシンセは出すだろうと思っていたけどKorg prologueが出た。
 でもフラッグシップモデルといってるのになぜかマイクロチューニングがないのは不思議。今後のアップデートで追加されることを祈る。

 マイクロチューニングって需要ないから無理だろうな。







 iPhoneのチューナーの話をいろいろ。

 以前はBOSS Tunerを使っていたけど今は違うのを使っている。


 まずはこれ。
 n-Track Tuner

 チューナーというよりもアナライザーとして使用。ただし、iPhoneのマイク性能はいまいちなのでZoomのマイクを取り付けている。


 マイクはこれ↓
 ZOOM ズーム XYステレオマイクロフォン iPhone / iPad 用 iQ6

 感度調整が出来るので便利。
 このアナライザーの主な使い道はリズムのチェック用。



 で、今使っているチューナーはこれ。
 UltraTuner
 チューナーというよりも周波数チェック用に導入した。

 有料だけどとりあえず見やすい。
 Stageモードはチューニング用。

 Studioモードで周波数を見ることが出来る。 

 設定で音律を選ぶことが出来るので文句なし。

 あとはKorgのmonologueが手に入ればもう何年も考え続けた計画が実行出来るので楽しみだ。





 今後の考察

 カレイドループを使う。
 私の部屋にあるカレイドループ。
 いつの間にかいろいろサンプルがたまっているのでちゃんと使おう。


 monologue。
 まずは手に入れないと話しが始まらない。


 ESXとDigitaktの連携。
 DigitaktをマスターにしてESXをコントロールするセッティングでリズムの破壊をやってみようと思っている。ESXはもう一台買ったほうがいいかな。
 いまは四つ打ちに戻っているのでしばらく保留。